東京の会社辞めて地方で生きるわ。

勢いで会社を辞めて縁のない地方で生きることはできるのか

東証一部上場企業を退職しました。

本当にごめんなさい。完全なる愚痴です。

先日新卒入社で約3年間お世話になった会社を退職した。

私は1年目は東京、2年目から九州にて勤務していた。

一応、東証一部上場企業だ。

 

退職した理由はいろいろあるのだがその中の一つは、直属の上司が問題っていうかクズっていうか死んでほしいっていうかやっぱりクズだったためだ。

 

というのもよくある話かもしれないが、数年の間上司が営業を行くフリをして自宅に帰って仕事をさぼっていたということがわかった。証拠もつかんである。

(この件はこの職場にいた社員皆知っている。上司本人はさぼっていることを部下に知られているということは現在も知らない)

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

【上司のクソみたいな一日のスケジュール】

 

9:00 始業 朝礼(ここで一日の動きを各社員言うのだが、上司のスケジュールは毎日注意して聞くとその件昨日も行ってなかったか?と思うことが度々あった)

 

10:00〜 上司営業に出る(というのは嘘でここから一旦帰宅【おそらく家事や趣味の料理をしているのではないかと推測】)

 

16:00〜17:00 上司営業所へ戻ってくる

 

18:00 終業とともに上司帰宅

------------------------------------------------------------------------------------------------

さぼりすぎやろ。限度があるわ。

 

ただ、誤解してほしくないのは私は上司が仕事をサボっていたこと自体に怒っているのではない。

 

サボることによって、明らかに周囲に迷惑がかかっているという点について腹が立っている。

 

短納期の多い顧客の担当部署なのに上司がいないと、急ぎの承認事項の要る業務が滞ってしまい、その案件が後々面倒になる。

しかもサボっていたのにもかかわらず、明らかに自分でやるべき仕事を部下に振って残業させ自分は定時でほぼ毎日帰っていた。

 

やることやってりゃいくらでもサボってくれて結構。同じ空間にいても常にイライラしており異常に独り言が大きくて普通に話してても怒っててもやかましいことこの上なかったので。

私が知る中でこの上司の辛辣な物言いなどで鬱になって会社を辞めた人間は2人いる。

 

この上司がサボっているという点は、もちろん上司個人のモラルの問題もある。

ただ、それ以上にこの素行のひどいクズ上司を作り出して野ざらしにしている会社(会社の上層部)に根本的な問題があると考える。



今思えば上司がサボる気持ちもわからなくもない。

この上司は実力があり課長までは順調に出世し、その後部長にまで昇進したそう。

ただ、その時に任された営業エリアがあまりにも広く、上司がキャパオーバーして結果が出せずすぐに課長に降格し、いきなり家族を置いて単身で九州に転勤になったそうである。その上司が任されたエリアを聞いた時それは無茶ぶりだろうと私も思った。

そこからおそらくまじめに働く気もなくなりサボるようになったみたい。九州に転勤になってから人が変わったとこの上司のかつての部下は言っていた。

 

この話をきいて疑問に思ったのだがこの上司を一旦部下を部長に昇進させた会社のジジイ役員共自身には降格とか減給とかないの?

任せる裁量を深く考えず社員を昇進させるだけさせておいてダメだったら降格させる。

そして部下を昇格させた役員自身は何もリスク・責任を負わない。全部部下のせいにする。なので全然役員のメンツは変わらない。

おかしくないか。昇格させた人間もリスクを背負い込むべきではないのか。出世させて駄目だったら別の人と取っ替えるだけなの?

 

だからミドルマネジメントの連中が「課長が一番気楽でいい。それ以上は出世したくない。」なんて夢のないことを私含む若手の前で言うのではないのか。「こんな会社、家族いなかったらやめてやる」とかも言っていた。

不愉快極まりなかったわ。じゃあ辞めろやチ●カスが。あああああああああぶっころコロしたいよおおおおおおおおおお会社はこの現状を異常だと思っていないのかな。というよりミドル層がこんなモチベーションなんて上層部は把握してないのかな。いや把握してるけど見て見ぬフリをしてるのかなこの状況を。ジジイ共は自分たちが生きている間にだけ会社がつぶれなったらいいやと思ってんのかな。だったらまじでさっさとしんでくんねーかなあああああたぶん私が生きてる間につぶれると思うよこの会社。人材不足で。若い人間は誰もついていかないんじゃないかな。もっと社員のモチベーション維持できる社内体制つくれないの?馬鹿なの?

 

働かないオジサンになる人、ならない人 | なぜあのオジサンは、働かないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト 

「就活」が、働かないオジサンを生む!? | なぜあのオジサンは、働かないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト 

 

 

この記事に書いてあるけど会社は大きくなればなるほど、ピラミッド型構造の組織になっていく。そうなるとどうしてもベテラン社員の中で組織の中心部から外れてしまう者がでてくる。その外れてしまった人間は仕事に対してやる気がなくなってしまう。

そのやる気がなくなった上司の元で働く若手社員ってかわいそうだよね。厳しい就職戦線の中せっかく苦労して内定もらったのにね。上司の理不尽に付き合わされてさ。よく「上司の理不尽に対応することも部下の仕事だ」っていうけど限度っちゅうもんがあるよね。客の理不尽な要求ならわかるけどこんなさぼりまくって周りに迷惑かけている上司の要求なんぞ一つも聞かなくてもいいよね。てかこんな奴に今後の出世とか決められる人生なんてクソだと思うんだけど。そんな奴に課長やらせてる会社も頭おかしいよね。どうなの私の考えがずれているのかな。そして役員共は今後もずっとリスク負わずに部下に無茶ぶりして会社の中心にいるのかな。無駄に高い給料もらってさ。

 

 そのような上司や会社の理不尽に嫌気をさして会社を辞めたいが、辞めたら先が不安なので、そのような社内の異常な空気・理不尽も含めて社会人(サラリーマン)になるとはそういうものだと自分に言い聞かせている若手ってすごくいると思う。

 しかし、入社して間もない頃になんか違うなと思ったらスパッと辞めていいのではないか。

私もそれを感じながら3年も会社にいたのは後悔している部分もある。

 

ということで、会社やめてもどこでもなんとか生きていけるかどうか試してみる。

ちなみに辞めた会社でたまたま配属になった九州にこのまま残る。もちろん私は九州出身の人間ではない。

現在私は偶然こっちで知り合ったウェブ屋の個人事業者のもとでウェブサイト制作の仕事をしている。辞めた会社はウェブとは関係ないので未経験業界に入ることになった。

東京にも故郷にも帰らず縁もゆかりもないところで生きてみる。仕事も人間関係もまっさらになった。

とりあえず生活できているのか、今後このブログにて書き綴る。

あと、ウェブ制作の備忘録も記す。勉強しなきゃだめなんだもん。web業界ってすごく勉強しなくてはならないのね。

 

会社上層部の人間はもっとリスク負って仕事しろよ。ミドル層は部下が全部見てるって意識しろよ。

 

じゃないと誰もついていかないよ。